糖尿病食なら宅配に任せよう|手間なく美味しく

シニア男性

食生活の改善をするために

和食

糖尿病を患ってしまうと食事の管理が大変となります。そこで便利なのが糖尿病食のお弁当として宅配サービスしてくれる業者です。すでに数社が展開していますが、選ぶポイントとしてデパートリーの豊富さも重要となってきます。

もっと見る

食事の手間と間隔

夫婦

食事の間隔

糖尿病食の宅配サービスを利用している人は少なくありません。多くがお弁当スタイルとなっているため、いつでも食べることが出来て便利です。では、いつでも食べてもいいかというとそれは違います。基本的に、糖尿病の食事療法では3食食べることが大切であり、その食事の間隔は朝食を基準にして6時間前後が良いとされています。つまり、朝6時に朝食を取ったら、昼12時に昼食、夕方18時に夕食を食べるのがベストだと言われています。もしも間隔を短くしてしまうと前に食べた食事が消化しきれていないためです。2食重ねて食べたような状態になり、血糖値が跳ね上がってしまう可能性があります。そのため、糖尿病食の宅配サービスを利用するにしても食べるタイミングは気を付ける必要があります。

食事の手間

そもそも、なぜ糖尿病食の宅配サービスが人気かというと、その病食を作るのがとても大変だからです。糖尿病の食事療法は、大きくカロリー制限と栄養バランスの2つのポイントがあり、どちらが欠けてもいけません。ただし、その2つを補える料理を一般家庭で作ることはそう簡単ではありません。食事は毎日必要なものなので、一般家庭での負担は測り知れません。しかし、それを糖尿病食の宅配サービスにすることで、大きな負担だった食事の調理を丸ごと省くことができます。近年では、夫婦共稼ぎで家事をする時間そのものが減ってきている時代です。このようなサービスを利用することで糖尿病患者をサポートすることは、理に適っていると言えます。

安心して利用できる

料理

糖尿病食の宅配サービスは、自宅でいつも通り生活しながら、血糖値をコントロールできることが人気の理由となっています。また、レンジで加熱や、冷凍保存もできます。栄養士らが一食当たりのカロリー約400〜500kcalを守り、さらに塩分控えめで栄養バランスを考慮されてるため、安心して利用できます。

もっと見る

気軽に食事を楽しめます

食べる男性

糖尿病食や腎臓病食は、カロリーの計算、減塩、栄養のバランスを考えて作らなければなりません。同居人も作ることが大変になることでしょう。そんな場合は、宅配サービスを利用してみると良いでしょう。手軽に計算してある美味しいものを食べることができます。

もっと見る